イソフラボン摂取は不足しがちな女性ホルモンを補ってくれます


イソフラボンは年齢とともに骨が弱くなっていくのを防ぎます

コメントは受け付けていません。 コメントはまだありません»
6月 10, 2015 at 3:32 PM

私は友人と一緒にインターネットでイソフラボンの持つ効用について調べてみましたが、そうするうちに女性の身体の健康維持に極めて有効な働きかけをしていることが分かってきました。

「イソフラボンは更年期障害の改善に役立つだけじゃなく他にも色々な効果があるのね」

私がそう語りかけると友人が頷きます。

専用のサプリメントを愛用している友人はそのパワーを実感しているようです。

「そもそもイソフラボンは女性ホルモンと類似した活動を体内で行うので女性特有の悩みや症状を改善してくれる効果があるのよ。更年期障害の緩和や克服はその代表例ね。私はお陰様で以前から悩みの種だったほてりやのぼせ、イライラなどが無くなって毎日が快調だわ」

「他にはどんな効き目があるの?」

「女性ホルモンの減少により引き起こされる症状に対しては特にその効果が大きいと言えるわね。例えば骨よ」

「骨ですって?」

私は疑問に思いながらも友人の話に耳を傾けます。

「骨を丈夫にしているカルシウムは女性ホルモンの分泌量が減少すると次第に体内に溶け出していってしまうのよ。イソフラボンを摂取することで年齢とともに骨が脆くなっていくのを防ぐことが出来るの」

友人はそう説明してくれました。

友人はイソフラボンは女性の更年期障害の症状を改善するだけでなく年齢とともに骨が脆くなっていくことを防ぐ効果もあると教えてくれました。

「女性ホルモンと類似した効用があるイソフラボンを活用することで、骨の密度を維持することが出来るのよ。妊娠や出産を経験する女性は男性よりも骨が弱くなってしまう傾向があるわ。怖いのは骨の密度が下がってスカスカになり骨折しやすくなる骨粗鬆症になってしまうことよ。そこまでいかなくても年齢を重ねるとともに骨が弱くなっていくのは避けられないわ。歳をとってから転んだ際に骨折してしまって、その後寝たきりになってしまったなんていう話はよく聞くでしょう」

友人の話を私は他人ごととは思えませんでした。

私の母の晩年がまさにそのような状態だったのです。

「そんな危険を避けるためにも積極的にイソフラボンを摂取して骨の健康を保っていかなくてはならないの」

友人はそう強い口調で述べます。

歳をとっても元気でいるためには外面の若さだけに拘るようでは駄目で身体内部の骨や内臓も若さを保つ努力をしていかねばならないと友人は私にアドバイスしてくれました。